半身浴で多汗症の予防と症状軽減ができる

多汗症の原因が様々で、また原因がはっきりと分かっていないところもありますので、予防をするというのは難しい問題です。ただ、多くの多汗症に共通しているのが、ストレスが交感神経を刺激することによって発汗が起こっているケースが多いということです。そのため、多汗症の予防法としてあげるのならば、なるべくストレスを貯めないような生活を心がけるということになります。規則正しい生活を心がけ、バランスの取れた食事をし、気持ちにゆとりを持って生活することです。しかし、そうとはいっても、ストレスというのは自分でコントロールできるものではない場合がほとんどです。そこで、おすすめしたいのが半身浴なのです。

20分~30分間、ゆっくりと胸から下だけをお湯につけるのが半身浴です。半身浴を行うと副交感神経が優位になり、神経や精神が静まります。気持ちよく汗をかくことができ、ストレス解消やリラクゼーション効果が得られるのです。毎日ウォーキングやジョギングなどの適度な有酸素運動ができる人ならばそれでもいいのですが、毎日運動をすることは難しい人でも、毎日お風呂に入るだけならば続けるのも比較的簡単なのではないかと思います。

また、運動や半身浴には、汗腺を鍛える効果も期待できます。多汗症の人は汗を抑えたいのだから、汗腺を鍛えるというのは、目的とは逆の方向のように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。最近では、多汗症の原因の一つとして、運動不足やエアコンなどの影響により、汗腺の機能が衰えているために体温調節が上手にできなかったり、ちょっと刺激から多汗症を発生してしまうという見方があります。汗腺を鍛えることで、自律神経のバランスを取ることにもなり、汗のコントロールができる体を作ることができるのです。

また、頭部が不衛生で汗腺が詰まると、顔への発汗が増える場合があるように、活動が衰えている汗腺があれば、その他の部位で集中して発汗してしまうことも考えられます。そういった意味でも、汗腺を鍛えておくことは、多汗症の予防や症状軽減に効果的と考えられます。

多汗症の予防と言わずとも、美容にも健康にもいい半身浴ですので、ぜひ毎日の生活に取り入れてもらいたいと思います。すでに多汗症を発生している人にとっても症状を軽減できる可能性があります。即効性のあるものではありませんが、ぜひ試してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ