多汗症とわきがは別の症状?多汗症とわきがの関係

多汗症とわきがは、よく混同されやすい症状ですが、実は全く別の症状です。わきがは正式には液臭症と呼ばれて、多汗症とは明確に別の症状として分類されているのです。

人の汗は通常、主にエクリン腺という汗腺から発汗されます。しかしわきがは、もう一つの汗腺、アポクリン腺が活発になり、そこから分泌された汗が不快な匂いを発する症状のことです。多汗症の患者さんでも、大量に汗をかくためにわきの下が不衛生になりがちになることで、汗の匂いがする場合がありますが、汗の臭いとアポクリン腺から分泌されるわきが臭は、そもそも別のものなのです。

多汗症とわきがの違いは、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2つの汗腺からの汗の違いと言ってもいいと思います。 また、多汗症とは、大量に汗をかいてしまう症状のことをいいますが、わきがの場合には汗の量とは関係なく、少量の発汗でも匂いが生じますので、この部分も多汗症とは明らかに違います。

汗の臭いがするために、自分はわきがだと思い込んでいるケースもあるようですが、多汗症とわきがは原因も症状も別のものですので、多汗症だからわきがになりやすかったり、またわきがだから多汗症になりやすいというものではありません。

ただ、多汗症とわきがを併発しているという患者さんも中にはいらっしゃいます。自分の臭いを自分でチェックするというのは難しい場合もありますので、自分がわきがかもしれないと思ったら、以下のようなことをチェックしてみてください。

まずは、耳垢が湿っているか乾いているかです。耳にはアポクリン腺があり、耳垢が湿って粘質な場合にはわきがの可能性が高いと言われています。次に、わきの下の汗染みです。白い服のわきの部分に黄色い汗染みがついてしまう場合には、わきがの可能性があります。アポクリン腺から分泌される汗には脂質やたんぱく質が含まれているためです。

体臭は、人間ならば当然あるものですが、日本人は臭い過剰なほどに敏感です。そのため、多汗症にしてもわきがにしても、生活に支障がでるほどの悩みになっているケースが少なくありません。しかし、多汗症もわきがも適切な治療をすれば改善することができる症状です。

多汗症の汗そのものは、自分でケアをすれば臭いを抑えることも可能です。汗かいたままでいたために生じる汗の臭いと、わきがの臭いを混同せずに、症状をよく見極め、自分にあった適切なケアと治療を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ