わきの多汗症なら、市販のアイテムを有効活用しよう

わきは、多汗症ではない人にとっても汗をかきやすい場所です。誰でも汗をかくものだから、匂いが気にならなければいいじゃないかと考える人もいるようですが、悩んでいる人にしてみられば、そう簡単なものでもありません。

確かに、多汗症とわきがは別の症状ですので、わきにたくさん汗をかくからといって、必ずしも匂いがあるというわけではないのです。ただ、わきに汗をかけば、匂いがあるのではないかと心配になりますし、服に汗がにじんでしまうのも気になります。汗が染みになって、大切な服をダメにしてしまうことだってあるのです。

ただ、わきの汗は多汗症の人に限らず、気にしてケアをしている人が多いだけに、対策グッズが多く市販されています。中には優秀なものも色々ありますので、そういったものを利用してケアすることで、わきの汗は自分でケアをすることもできます。

まずは、無駄毛の処理をしたり制汗剤を用いて、汗の匂いの発生を抑えることです。汗の匂いを抑える制汗剤は、市販のものでも、スプレータイプやクリームタイプ、リキッドタイプなど形状も香りなども様々で、多種多様なものが販売されています。市販のわきパットなどを使用することで、服に汗がにじみにくく、服に染みをつくってしまうことも防げます。

自己ケアで発汗そのものをコントロールすることは難しいですが、発汗による匂いなどは、ある程度ケアできます。こういった市販のグッツを使用した自己ケアに、食生活の見直しや運動をプラスするだけでも、かなり快適に日常生活を送ることができるようになるでしょう。食生活の見直しや運動をすることは、汗の匂いを抑えることには効果的です。汗への不安を軽減できることと思います。

しかし、そういった自己ケアをしても汗への不安が拭えない人もいると思います。そこまでわきの多汗症で悩んでいるならば、病院での治療をおすすめします。

治療法は症音波によって脇の汗腺を除去する治療や、ボトックスでの治療で効果が認められています。どちらの治療も、発汗量を大幅に減らすことができる治療です。脇(わき)多汗症は、塩化アルミニウム・塩化ベンザルコニウム液でも効果があります。

どの治療法の費用対効果がいいのか、自分にはどの治療があっているのか、まずは病院を受診し、自分にあった治療法を探してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ