多汗症に効果があると考えられている足のツボとは?

足ツボのマッサージといえば、有名なものは中国式のマッサージです。4千数百年前の中国の医術であると考えられてる足つぼのマッサージは、足の疲れやむくみなどを取るためだけのものではなく、古代から健康の維持や回復のために使われてきたものです。

足ツボを刺激することで、なぜ体が健康になるかは現代の医学でも明らかにされていない部分がたくさんありますが、足裏のツボと、ツボが対応する各器官は何らかの神経で結ばれており、お互いに影響しあっているというのが、伝統医学の考え方だそうです。

西洋医学的なものとは違って、即効性はありませんが、繰り返して行うことで、体の自然回復力を高めたり、体のバランスを整えることで、健康の向上に役立つことが知られています。

この足ツボの治療は、自律神経の働きを正常化し、交感神経と副交感神経の働きを整える効果があることから、多汗症にも効果があると考えられています。実際に、足ツボマッサージを継続的に利用したことで、発汗が軽減したという例も報告されています。

足ツボの中で、多汗症に関係するツボはいくつもあります。まずは、足の裏の中央に集中している、腎臓、副腎、尿管、膀胱などの老廃物の排出に関わる気管のツボです。次に甲状腺や、副甲状腺などホルモンバランスを司る気管のツボ、また、大脳、小脳、こめかみなど直接脳や自律神経に関わるツボも多汗症に関係するツボであり、これらは足の親指付近やその周りに密集しています。

足ツボマッサージサロンを利用して、こうしたツボをまとめて刺激してもらうのが一番ですが、足の発汗がある場合には、そういったマッサージを利用するのに抵抗がある場合もあると思います。それならば、足ツボ表などを見ながらこれらのツボを自分で刺激してもいいでしょう。

足ツボの専門家の話しでは、ツボの詳細な位置が分からなくてもだいたいの場所を広めに抑えて刺激するだけでも効果は期待できるのだそうです。痛みがあったりしこりがあるように感じる部分は、念入りにマッサージをすると効果的だそうです。

即効性がないだけに、効果があるを信じられるかどうかはあなた次第ですが、外科的処置や薬だけに頼るのではなく、こうしたものを取り入れてみる価値はあると思います。その他の治療との併用でも、足ツボのマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ