多汗症とは?よく知られていない多汗症という症状を詳しく知ろう

多汗症とは読んで字のごとく、汗をたくさんかいてしまう症状のことです。

人間が汗をかくことは生理現象ですし、誰でも汗はかくものです。気温が高ければ汗をかきます。運動をしたり、食事をしたり、他にも色々と、体温の調節が必要になれば人は必ず汗をかくものなのです。しかし、多汗症の人は、この体温の調節が必要のない時にでも、汗を、それも大量にかいてしまうというのが特徴的です。また、健康な人でも緊張をするような場面や驚いた時には、いわゆる冷や汗と言われる、精神的な発汗をすることがありますが、多汗症の人はこの精神的発汗でも異常な量の汗をかいてしまうことがあります。

ただ、どのくらいの量の汗をかいたら多汗症なのかという、明確な基準があるわけではありません。汗をかくという症状そのものは当たり前の生理現象であるため、どこからが異常なのかということを線引きすることは難しく、本人の主観によって異常と感じるかどうかがまずは第一の診断の基準になります。多汗症の原因は、明らかになっていないところもまだありますが、他の病気の影響であったり、精神的なストレスからくるものと考えられています。現代はストレスの多い時代ですので、悩んでいる患者さんの数も増えてきている症状です。

症状は、全身に現れることもあれば、局所的な場合もありますが、いずれにしても共通しているのは、大量に発汗してしまうということです。よく混同されがちですが、多汗症とわきがは別の病気で、多汗症であるから必ずわきがであるというものではありません。多汗症とは、あくまで大量に発汗してしまうという症状のそのもののことを指します。

ただ、汗を大量にかくことから、匂いを気にしたり、または汗そのものによって生活に支障が出るケースも多く、対人関係に支障をきたしたり、ひどくなるとうつにまで発展してしまうケースもあります。

多汗症の原因を特定し、適切な治療をすることで多汗症の症状は軽減できます。また、保険の範囲内での治療も可能ですので、自分が多汗症なのではと不安になったら、悩むよりも病院を受診しましょう。多汗症を恥ずかしく思っている患者さんも多く、それが病院を受診することへの妨げになっている場合もあるようですが、恥ずかしがることはありません。多汗症は現代では決してめずらしい症状ではありません。悩んでいるのも、決してあなただけではないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ