“ここぞ”という時に汗を抑える抗コリン薬は持っているだけで効果あり

薬によって、発汗をコントロールするという治療方法があります。交感神経からの神経伝達物質アセチルコリンの分泌を抑えることで、発汗を抑制することができるのです。これは、手術によって交感神経を遮断した場合と同じ効果が得られるため、汗を抑制するかなり高い効果が期待できる治療法です。

このような薬を抗コリン薬と呼び、通常は腹痛などの痛み止めに使用されています。抗コリン薬は多汗症に悩む人にとって、強い味方になってくれる薬です。

しかし、この抗コリン薬は、一定期間服用すれば症状が完治するというタイプの薬ではありません。薬が効いている間にだけ効果を発揮するタイプの薬であるため、継続的な服用が必要です。しかも、抗コリン薬には副作用があります。手術で交感神経を除去する場合には、部分的に神経を遮断することができますが、服薬で行う場合には、全身のアセチルコリンの分泌を抑制してしまうことになります。そのため、抗コリン剤を服用すると、喉が渇いたり、目が渇いたり、尿の出が少なくなったりという副作用が起こるのです。

抗コリン薬は、多汗症の人にしてみれば、大変ありがたい薬ですが、この副作用のことを鑑みれば、残念ながら抗コリン剤を継続的に服用することはあまりお勧めすることができないのです。

しかし、それでも頓服薬として、抗コリン薬が多汗症の人にとって有用な薬であることは間違いありません。ここぞという時に頓服すれば、汗を抑えることができるのです。ここぞという時にだけ使う程度ならば、副作用もそれほど心配はいりません。緊張する場面や、失敗できな場面では、これ以上強い味方はいないのではないでしょうか。

また、多汗症の患者さんの中には、この抗コリン薬を常に持ち歩いているだけで、「いざという時にはこれがある」という安心感から症状が軽減している人がいます。

持っているだけでも効果が出てしまう場合があるという抗コリン薬。あなたもお財布や化粧ポーチの中など、いつも持ち歩くかばんの中に一つ入れてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ