多汗症を治療するためには、何科を受診したらよいのか

自分が多汗症かもしれないと思った時に、まず悩んでしまうのが、多汗症の診断や治療をには、何科を受診しらたよいのかということではないでしょうか。

例えば、多汗症を発生してしまったストレスを、自分でも自覚している場合などは、はじめから精神科を受診すればいいわけですが、多くの人はそうではないと思います。多汗症の原因は色々あり、原因によって対処もことなりますので、受診する科も変わってきます。ただ、迷った結果、多汗症を皮膚の問題と捉えて初めは皮膚科を受診したという患者さんが多いように思います。他には、精神科を受診したり、多汗症も扱っている美容外科を受診する方もいらっしゃいます。

原因がはっきりしない以上、どれが正解という判断は難しいですし、そのためいくつかの病院にかかって、自分にあった効果のある治療法を探さなくてはならないのが、多汗症治療のやっかいなところでもあります。ただ、精神的な問題も、皮膚科や内科的な問題も、元々密接した関係にありますので、それらをまとめて診療してくれるような病院もあります。多汗症の場合には、そういった医院を入り口にするのが適しているかもしれません。

受診してみたら、自己診断で多汗症と思っていた症状は、例えば更年期障害であったり、甲状腺の機能障害であったというように、別の病気が見つかる場合もあります。

多汗症の治療は、投薬によって汗の分泌を抑える方法や、ストレスが原因になっているなら、そのストレスを取り除くための心理治療を行ったり、手術を行うこともあります。症状が軽い場合には、制汗スプレーの使用や食事療法だけで症状が改善する場合もあり、投薬や手術などの治療を必要としない場合もあります。

いずれにしても個々の症状によって治療法は変わってきますので、まずは受診をして、それから個々にあった治療方針を決めることになります。

汗をたくさんかく人が必ず病院を受診する必要があるかと言われれば、そうではありませんが、汗が生活に支障をきたしているとお悩みならば、一度病院を受診してみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ